2014年3月22日土曜日

IJET-25 東京プレイベントに参加しました

随分遅くなりましたが、ちょうど先週あったIJET-25 東京プレイベントの参加報告です。

今回は川月現大さん(@editech)を招いての開催でした。編集者に嫌われやすい訳文について解説してくださり、「編集者としての立場から翻訳はどう見えているのか?」を知る良い機会となったのではないかと思います。また、句読点を打つ時にもつい英文のクセが出てしまい、自然な英語からほど遠いものとなってしまうことが今回の川月さんのセミナーを通して分かり、英日翻訳における日本語の扱いの難しさを認識させられた1時間でした。

さて、お気に入りの一冊を持ち込んで、グループ内で紹介し合う「ビブリオトーク」。色々な翻訳者が紹介されるなかで、特に印象に残った本がこちら。



『アラジン・ファクター 願いをかなえる成功のランプ』です。

この本を紹介してくださったのは、校閲者としてご活躍しておられる磯崎博史さんです。日本語のプロである彼いわく、この本には翻訳書特有の翻訳調というものがなく、今まで見てきたなかで最も自然な日本語訳らしいです。英日翻訳の質の向上のためにも買う価値はあるのではないかと思います。それから、この本を翻訳された「タカ大丸」という人も気になるなあ・・


ちなみに、私がこのコーナーで紹介した本はこちら。

1 件のコメント:

  1. 磯崎博史です。先日はありがとうございました。

    川月さんのセミナーは本当にためになりましたね。私も英語原文と照合しながら和訳文の校閲やブラッシュアップを行うことが多いので、とても参考になりました。

    『アラジン・ファクター』、特記してくださりありがとうございます。この本に綴られている日本語は本当にたおやかで美しく、かつ親しみやすい名文です。すべての英日翻訳者におすすめできると思います。

    翻訳者のタカ大丸さんは私も気になっているんですよ。その群を抜く文章品質の高さからは、小説(おそらく三島由紀夫あたり)をかなり読み込んできた人なのではないかと感じています。とにかくインプットが半端じゃない、という印象です。

    『歴史をかえた誤訳』も、ぜひ読ませていただきたいと思います。
    これからもどうぞよろしくお願いします。

    返信削除